ほどける瞬間〜Wednesday Night Restorative〜10/7

先日、10月7日は夜のオンラインクラスでした。
今月からWednesday Nightということで水曜夜の開催となっています。

今回はボルスタークラスのみの開催だったので、Yudaneruがリラックスのガイドを、Yukoがポーズの入り方見本をする、という形で二人でガイドをさせていただきました。
「仰向けのポーズ中心に呼吸を深める」というテーマのもと、
基本のリラクゼーションポーズ→山の小川のポーズ(胸をひらくポーズ)→インスタントマウイ(脚を上げるポーズ)という流れでリラックスタイムを。
どれも優しく広がっていくようなポーズで、最初のポーズから少し道具を足したりアレンジしたりする流れなので、大きな道具の移動も少なく楽にできる感じだったかなと思います。

一日お仕事を終えて帰宅してからのヨガは、まだ仕事モードの緊張や疲れが残っているもの。
でも、自分のためにこれから1時間ゆるんでいこう、リラックスしていこう、と思うだけでもいくらか切り替えのスイッチを入れている感じだなぁと思います。

そして実際に背中や脚をゆだねたとき気持ちよくてつい、はぁ〜〜っと、ため息が出るようであればもうかなりゆるんできている感じ。
はぁ〜〜となる瞬間、自分に一日の疲労を手放していいんだよと体や心に伝えていくことで更に深くリラックス状態へ落ち着いていくと感じます。

今回受けてくださった方もポーズの調整をしていくと、しっくりくるポーズに落ち着き「はぁ〜〜気持ちいい」という瞬間が何度かあったようでした。そんな姿はガイドをする側からもとても心地良さそうに見えました。誰かがリラックスしていく瞬間はとても素敵です。

リラックスすることを自分に与え、自分の心地よさを味わっていくリストラティブヨガで穏やかな夜が増えていくことを願いつつ、、

今回ご参加くださった方に感謝を。
ありがとうございました。

支えてくれる道具たち

次回は21日楽しみです。

Yuko

リストラティブヨガの好きなところ

みなさんこんにちは。リストラティブヨガユニットtabiのYukoです。
リストラティブヨガは自分でするのも、誰かにガイドするのも、また誰かにガイドしてもらうのも全部大好きです。

元々ヨガを初めて知ったときは、アクティブなヨガでスポーツジムやヨガスタジオでクラスに参加していました。
段々ポーズができる楽しさもありましたが、もう少し細かく感じてみると、ヨガのどこが好きなのか?
私の場合は、ただただ呼吸を感じる瞬間がとても心地よかったことでした。段々騒がしさや緊張が静まって、内側に安らぎが広がっていく瞬間だったような気もします。

 

そんなことを思っている内に出会ったのがリストラティブヨガ。
時間をかけてゆっくりゆっくり自分の落ち着くところへ戻っていくような感覚が大好きです。
体が疲れたときも、気持ちが疲れたときも、リストラティブヨガのポーズで休むとするすると体や心の緊張が溶けて、シンプルな自分に帰っていくような気がします。
「はぁ〜ただいまー」みたいな感じかもしれません。
何より心地よく自分が自分の中でくつろいでいるような「何にもしてないけど、満たされた感覚」そこが私の感じるリストラティブヨガの魅力です。

そして、誰かにガイドしているとき、それはまた別の幸せの感覚です。
一緒にゆっくりと呼吸をしながら、ポーズをしている本人が心地よいと感じていく瞬間に居させてもらえることがとても幸せです。
段々と表情もゆるゆるになり本当にリラックスしたとき、その人の美しさがお顔にふわっと現れてくる気がします。
そんな様子を見守っているとき、私も体になんともいえない温かさを感じています。

そして、誰かにガイドしてもらうとき、
自分だけでするのとはちがっていて、ガイドしてもらう人の存在にゆだね、そっとタオルをかけたりサポートをしてもらえる時の安心感、守られている感じがとっても心ゆるみます。
優しい気持ちでかけられる言葉はとても癒しになり、触れることはなくとも自分の周りを包んでくれているような感覚。
じわりじわりと染み込んでいく幸せの時間です。

 

そんなこんなで大好きなリストラティブヨガを続けていたら昨年、tabiパートナーのYudaneruに出会いました。とても嬉しいことです。
これからtabiの周りにゆるゆると心地よさの輪が広がっていくといいなぁと思います。

 

sunset
ほっとする夕焼け