季節の巡りに感じたこと。

おはようございます。
とても清々しい土曜日の朝です。
あんなに暑かった夏もいつの間にか過ぎ去り、秋の佇まいがやってきました。
いつも、夏が終わると寂寥感がやってくるのですが、今年はなぜは幸せに満ちています。地球が回ってくれていることがとても有り難い、そんな気持ちです。そして、そんな地球にどのように接していくのかを改めて考えています。

さて、8月から始めた眠る前のリストラティブヨガ〜Fridaynight~も無事終了いたしました。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

画面越しで皆さんの安らいだ表情を見ているのが私の最高の幸せ時間でした。安らいだ顔というのは、本来の姿でとっても美しい。呼吸が自分自身に帰っている、そんな感じを受けました。
自分の中での心地よさを自分で導き、その感覚をしっかりと味わうことは、自分で癒しを創造出来るということです。そして周りにはその癒しが自然に広がっていくのです。
癒しは与えられるものだけではなく、生み出せるもの、自分で感じていくもの、そんな感覚を知ってから、私は自分自身がとても心強いパートナーになった気がしています。

この季節の巡りを満ちた気持ちで感じられているのもこことつながっているのかもしれません。

10月のオンラインクラスは、水曜日に変更してみます。詳細は近々UPします。必要な方に届けばうれしいです。

 

今日、この日を味わっていきましょう。素敵な週末を。

海と空
自分の内側に続く道

 

リストラティブヨガの好きなところ

みなさんこんにちは。リストラティブヨガユニットtabiのYukoです。
リストラティブヨガは自分でするのも、誰かにガイドするのも、また誰かにガイドしてもらうのも全部大好きです。

元々ヨガを初めて知ったときは、アクティブなヨガでスポーツジムやヨガスタジオでクラスに参加していました。
段々ポーズができる楽しさもありましたが、もう少し細かく感じてみると、ヨガのどこが好きなのか?
私の場合は、ただただ呼吸を感じる瞬間がとても心地よかったことでした。段々騒がしさや緊張が静まって、内側に安らぎが広がっていく瞬間だったような気もします。

 

そんなことを思っている内に出会ったのがリストラティブヨガ。
時間をかけてゆっくりゆっくり自分の落ち着くところへ戻っていくような感覚が大好きです。
体が疲れたときも、気持ちが疲れたときも、リストラティブヨガのポーズで休むとするすると体や心の緊張が溶けて、シンプルな自分に帰っていくような気がします。
「はぁ〜ただいまー」みたいな感じかもしれません。
何より心地よく自分が自分の中でくつろいでいるような「何にもしてないけど、満たされた感覚」そこが私の感じるリストラティブヨガの魅力です。

そして、誰かにガイドしているとき、それはまた別の幸せの感覚です。
一緒にゆっくりと呼吸をしながら、ポーズをしている本人が心地よいと感じていく瞬間に居させてもらえることがとても幸せです。
段々と表情もゆるゆるになり本当にリラックスしたとき、その人の美しさがお顔にふわっと現れてくる気がします。
そんな様子を見守っているとき、私も体になんともいえない温かさを感じています。

そして、誰かにガイドしてもらうとき、
自分だけでするのとはちがっていて、ガイドしてもらう人の存在にゆだね、そっとタオルをかけたりサポートをしてもらえる時の安心感、守られている感じがとっても心ゆるみます。
優しい気持ちでかけられる言葉はとても癒しになり、触れることはなくとも自分の周りを包んでくれているような感覚。
じわりじわりと染み込んでいく幸せの時間です。

 

そんなこんなで大好きなリストラティブヨガを続けていたら昨年、tabiパートナーのYudaneruに出会いました。とても嬉しいことです。
これからtabiの周りにゆるゆると心地よさの輪が広がっていくといいなぁと思います。

 

sunset
ほっとする夕焼け